64(ロクヨン)あらすじと見どころ第2話.jpg


◆NHK64(ロクヨン)第4話あらすじと見どころ


次回NHK土曜ドラマ「64(ロクヨン)」は
最終回のひとつ手前、第4話にはいります。


第4話では時効寸前のロクヨン事件が
再び息を吹き返したような印象で
流れが進んでいきそうですね。

当然この事件、一地方を超えて、
全国ニュースになりますが、
三上や部下3名が所属する広報室の対応、
また本社記者に対する地方記者の様子など
次回も見どころ多い回になると思います。


何より今回の犯人は、なぜロクヨン事件と
全く同じ事件をわざわざ起こす必要があったのか。
一見割にあわない犯行なので犯行動機が
非常に気になるところです。


こちらでは第4話のあらすじや見どころを
まとめてみたいと思います。


スポンサーリンク






第4回『顔』あらすじ


それでは第4回『顔』のあらすじを見ながら
次回の見どころはどこにあるのか
探ってみたいと思います。

第4回『顔』
2015年5月9日(土)
よる10時~10時58分放送【総合】
再放送:【総合】2015年5月16日(土)
午前0時10分~1時8分(金曜深夜)

警察庁長官視察の前日。ロクヨンに酷似した少女誘拐事件が発生。三上(ピエール瀧)は、記者クラブとの報道協定締結を目指すが、刑事部は頑として情報提供を拒む。少女とその家族の名前が匿名のままであることに、記者クラブは大きく反発。三上は、捜査一課長の松岡(柴田恭兵)に会うため、最前線に乗り込む。そして、誘拐犯から、身代金運搬の指令が入る。最初の現場は、喫茶あおい。またしても、ロクヨンと同じ手順だった。
※引用:NHK土曜ドラマ「64」公式HP


※第4話の予告動画とあらすじは、
NHK「64」公式HPに掲載されています。



第4回のみどころは?


第4回のみどころは、なんといっても
新たに発生した誘拐事件につきますよね。

長官視察のこのタイミングで起こった
時効直前のロクヨンと全く同じ事件。

具体的には誘拐された子の年齢は違うの
ですが、犯人の名前、身代金の額は全く同じ。


あと、予告動画でもありましたが、
1番目の身代金指定場所はあの「喫茶あおい」

この展開、いったいどうご覧になりますか?


普通に考えて、このタイミングで
これだけの事件を起こすのですから
何か裏で見えない糸がひかれてるのでは
と思うほうが自然です。


元に、原作の三上はこの事件は狂言で、
長官視察を潰すために刑事部がわざと
大きくしているのではないかと疑います。

疑いながらも広報の仕事をせざるをえない
のですが、記者との間には新たな火種、
匿名問題がまた勃発してしまいます。


これは特捜本部が被害者の実名発表を
広報にもしていないことにもよりますが
それゆえ三上はこの事件は実際には
起こっていないのではと勘ぐってしまいます。



匿名問題の裏に隠された謎


今回の身代金目的の誘拐事件は、
まだ裏が十分に取れていない中での捜査
ということもあり、匿名にしなければいけない
事情も十分にありました。


でも三上は記者への約束として
被害者の実名を知るためにあらゆる
情報を頼りに奔走します。


最後は松岡参事官(柴田恭兵)の元を
訪れるのですが、松岡の口からでたのは
誘拐された娘の父親・目崎正人の情報のみ。

妻や娘の名前も知っているはずですが、
三上には全く教えてくれません。


松岡の話では、
「人間、言えることと言えないことがある」

ということらしく、
誘拐された娘や妻の名前を出すことは、
松岡にはとうてい出来ない隠された事情
があるようです。

結局、父親の名前から記者たちが
家族全員の名前を割り出してしまうのですが
その娘があゆみと同じ高校生で、名前も
あゆみを連想させるような響きなんです。


実はこの匿名対応が後に秋川(永山絢斗)の
記者会見場での大失策を呼び込んで
しまうのですが、そのシーンはドラマでは
あるかどうかはわかりません。

でもここは見どころシーンでもあるので
ドラマに入っていると期待しています。


匿名問題に関してはロクヨンの冒頭から
最後まで引きずる問題になっており、
無言電話とともにロクヨンの重要な
キーワードになっています。



スポンサーリンク






第4回の一番の見どころはどこ?


第4回は見どころが多すぎて
どれが一番だと判断することが出来ません。

ですが、私が見どころと思うところを
下記に箇条書きにしてみたいと思います。


1.長官視察は実行されるのか
普通なら長官視察は取りやめに
なるはずですが、今回は別目的もあるため、
長官視察が頓挫するのか実行されるのか
とても興味あるところです。


2.予告動画で赤間は息絶え絶えなのはなぜ?
予告動画では赤間が過呼吸で横に
なっており、自らペットボトルの水
顔にぶっかけていたシーンがありました。

実はドラマではどこまで放送されるか
わかりませんが、荒木田刑事部長が
長官視察を潰すために警務部の責任になる
ある事件を記者にリークするんです。

それが原因で赤間は東京に行って
テレビで謝罪会見をすることになり、
帰ってきたら記者から匿名問題の件で
激しく攻められ、半倒れになります。

多分水かけはそのシーンを表現していると
思いますが、赤間が落ちていく様子
ドラマはどう描くのか楽しみです。


3.誘拐された娘の父役・尾美としのりさんが登場
やっと予告動画で尾美としのりさんの顔が
映りました。役柄は今回誘拐された娘の
父役・目崎正人役になると思います。

ひっかかるのは、
まだNHK「64」公式HPの登場人物欄や
人物相関図にも掲載されていません。
意図的に外しているとすれば、
この目崎という人物は相当重要な役割を
担っていることが予想されますよね。

ただ、誘拐された娘の父役なので
その辺りはいったいどうなんでしょうか。
尾美さんの演技が楽しみです。


4.今回の誘拐事件の犯人の目的
今回の誘拐事件は14年前のロクヨン
そっくり。犯人の名前、身代金までは
模倣犯としては理解できるのですが、
身代金受け渡しのルートも同じ等、
当時の事件に相当詳しくないと遂行は不可能。

それゆえ今回の犯行目的が気になりますし
時効直前だったらわざわざ同じ犯人が
事件を蒸し返すとは思えません。

また2000万円の行き先は14年前は川だった
のですが、今回はどこになるのかも要注目です。


5.雨宮と幸田はいったいどこへいったのか
2人はどこにいったのでしょうか。
刑事部となにか絡んでいるのかいないのか。
誰かに何かを吹きこまれてわざと姿を
くらましているふりをしているのか。

長官視察の直前だけに色々と憶測が
膨らんできますよね。こちらも最終で
全て明らかになると思います。


6.全国規模の記者会見場を広報室が仕切る
新たな誘拐事件の記者会見で、
東京から100人以上の記者が押しかけます。
原作では記者会見の報道陣の数は総勢269人

重要ポイントで三上が報道陣と対立する
シーンがあるのですが、ここはみどころ。
どこまで表現できるのかが楽しみです。

また三上は捜査本部から情報が
上がってこないことに業を煮やし
自ら最前線に出向いて生の操作情報を
現場から諏訪に電話することになります。

 
7.記者会見場でぶっ倒れる課長役の演技
実はこの会見を担当するのが
捜査2課課長の落合(森岡龍)です。

本来は刑事部長か捜査一課課長クラス
しかつとまらないのですが、
落合は現場経験のないキャリア組の若造。

落合は少なすぎる情報、
記者会見場での報道陣の突き上げ、
経験不足、会見が詰まる度に特捜本部に
走らされ29回往復したところで
極度のストレスにより壇上で倒れます。

元はといえば退官直前の荒木田
退官前に汚点を残さないように、
誘拐捜査を松岡にまかせ、記者会見は
落合に任せて一人逃げているのが原因です。
荒木田は実は小物だったんですね。。

ちなみに落合の特捜本部参りは
なんと50往復を超えたそうです。


8.捜査情報を得るために三上は松岡と合流
一番の見所かもしれませんが
松岡参事官が部下を引き連れて
犯人捜査を開始する直前、三上は松岡の前に
急に現れ、同乗を直訴します。

そして松岡の乗る特装車から
諏訪の待つ記者会見場に直接生の情報を
送ることに成功。

部下を多数引き連れた松岡への直談判の
シーンもかなり見どころですが、特装車が
どのように表現されるのかが楽しみです。
原作通りならとても迫力のある映像が期待できます!

直接生の情報を得た記者会見場の雰囲気も
かなりの見どころになると思いますね~。


9.退官した美那子が捜査協力に入る
松岡の提案で三上の妻・美那子
捜査協力で捜査に加わる事になります。
後から分かるのですがその任務は「特命」
その任務を松岡は三上が聞いても教えてくれません。

美那子しかできない「特命」任務とは
いったいなんなのでしょうか。

それはさておき、このことを通じて
美那子の心も少し変化が出てくるのですが、
そのシーンも原作通りならあるはずなので
結構見どころだと思います。



まとめ


見どころもあらすじの延長になってしまい
ましたが、第4回~最終回までは
きっと見どころだらけになると思います。


あと個人的には尾美としのりさん演じる
目崎正人がいつNHK「64」公式HP
「主な登場人物」欄や「人物相関図」に
掲載されるのかもとても気になるところです。
※第4話放送直後に尾美としのりさん演じる
 目崎正人の家族3人がUPされました



 ⇒ あらすじと見どころ1~5話
 ⇒ ネタバレと感想1~5話

 ⇒ トップページへ


■■楽天ブックスコンテンツ■■

64(ロクヨン)著者インタビュー

【電子書籍】ミステリー・サスペンス 最新ランキング
※1時間毎の最新ランキングです♪



スポンサーリンク






関連記事


 ⇒ ドラマ「64」ロケ地情報
 ⇒ 「64」のモデルになった実在の事件
 ⇒ ドラマ『64』再放送情報
 ⇒ ドラマ『64』視聴率速報!

 ⇒ ドラマ『64』キャスト
 ⇒ 『64』最新情報(随時更新!)
 ⇒ 当ブログの人気記事(週毎入替え♪)
 ⇒ 『64』豆知識
 ⇒ 『64』関連動画


 ⇒ トップページへ

 カテゴリ